弁護士知財ネットが後援している「知財のミカタ~巡回特許庁 in KANSAI~」が開催されます。


特許庁、近畿経済産業局は、平成30年10月16日(火)から11月12日(月)にかけて、「知財のミカタ~巡回特許庁in KANSAI~」を開催します。期間中は近畿全域で出張面接を集中的に実施するとともに、初日のオープニングイベントでは、知的財産に興味のある方から実務に携わっている方まで全ての皆様にご参加いただけるように、様々なプログラムをご用意しました。皆様のご参加お待ちしております。
弁護士知財ネットはこれを後援しています。

ご案内(PDF):知財のミカタ~巡回特許庁in 北海道~KANSAI

知財のミカタ~巡回特許庁in KANSAI~

<オープニングイベント>
日時:平成30年10月16日(火)10:00~17:10
場所:ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター
(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館B2F)

■メインセッション
「経営に資する知財戦略の最前線」~製造業のIT・サービス産業化と知財活用~
日本経済新聞社の渋谷編集委員をモデレータに、パナソニック(株)や大阪工業大学等をパネリストとして、日本企業の1990年代から最近までの知財戦略を振り返り、今後、製造業が生き残っていくために必要なことや企業の知財戦略のあるべき姿についてディスカッションを行います。

■個別セッション(主なもの)
・パテントマップ/意匠マップ活用セミナー
・企業ブランド化における知的財産活用とリスク管理セミナー
・中小企業のみなさん!特許出願してみませんか?!
~特許審査官が皆様の疑問にお答えします~
・劇仕立て!模擬口頭審理 など

■何でも相談コーナー(申込不要)
知的財産や経営に関する疑問やお悩みに、大阪府知財総合支援窓口の支援担当者や
大阪府よろず支援拠点のコーディネータ、経験豊富な知財戦略エキスパートなどがお答えします。

★詳細・お申込みは以下のウェブサイトから★
https://www.junkai-jpo2018.go.jp/

 

コメントは受け付けていません。